アスパラ 育て方

アスパラの育て方

アスパラの育て方は簡単ではありませんが、一度栽培をはじめると8年以上収穫する事ができ、

作業方法自体は軽作業ですので家庭菜園でもグリーンアスパラもホワイトアスパラも育てることは可能です。

アスパラの最盛期は7〜9月ごろで、栽培し始めて2年目で1部収穫が可能になる。

土壌については適応性が広いが、プランターなどでの栽培の場合毎年土壌を変える作業が必要。排水が良いことも条件に入ってくる。

品種はバイトル、ウエルカム、スーパーウエルカムがありそれぞれに特性をもつ。

バイトルの特性は、耐寒性が強く、ウエルカムは早生、スーパーウエルカムは草勢が強く、太茎の発生が多いなどが上げられる。

アスパラの育て方 株と種

グリーンアスパラの家庭菜園での育て方として、株から育てる方法と種から育てる方法がありますが、種から育てる方法は種をまいてから、

芽が出るまで数週間かかり、収穫も3年たつまでできません。ので断然株から育てるほうが簡単です。

株を購入してきて、株分けで栽培するわけですが、株でも大きく育たなければ茎の太い立派なグリーンアスパラを収穫する事ができません。

何年もかけて下株を育てるという事になります。7〜8年もたてば立派な株が出来、収穫できるようになる事でしょう。

逆に株が小さいと貧弱なグリーンアスパラガスが出来上がります。

家庭菜園でホワイトアスパラガスを作りたい場合は、新芽を遮光するだけで出来ますよ!

おいしいホワイトアスパラが家で作れるのは嬉しいですよね。

アスパラの育て方 土の作りかた

 

アスパラの家庭菜園での育て方で大切なのが、土の作りかたです培養土と肥料を混ぜるのですが、アスパラは酸性を嫌うので、

石灰で中和するようにします。混ぜ方は化成肥料の場合は大さじ2〜3ばい、有機肥料の場合は3:1でOKです。

もっと簡単にいきたい方は、肥料入りの培養土が売っているのでそれを購入する方法なら考えることはなにもありません。

 

 

アスパラの育て方 注意点

アスパラの家庭菜園での育て方は難しいのですが、一度栽培しだすと8年〜10年収穫する事が出来るので、

育て始めてさえしまえば、簡単なお手入れ方法でおいしいグリーンアスパラガスが食べれます。

だだ気をつけてほしいのが、収穫するときに、根元から引っこ抜くような事だけはしないでください。

その次からのグリーンアスパラの収穫量が減ってしまうかも知れません。

根元はしっかりと残しながら収穫するのが基本です。アスパラが20センチほどになったら根元を切って収穫するようにしましょう。

また来年も家庭菜園にたくさん生えてくるので、全部収穫しない事。

グリーンアスパラを植えるときには、30センチ以上の間隔をあけて植えるようにしてください。

アスパラは根がかなり広範囲に広がる植物です。あまり間隔が近いと育たなくなってしまいます。

また、土壌ですが、酸性の土壌を嫌う性質がありますので、石灰でPH値を変えてから植えましょう。

土は常に清潔にして、雑草などをこまめに抜いてあげましょう。

肥料切れを起さないように追肥を必ず行ってください。